浅尾割り干し大根について

画像-100

浅尾割り干し大根」は、北杜市商工会女性部が市内の特産品開発事業の一環として、2013年に生産を本格的にスタートさせたものです。

この「割干し大根」は、明野町浅尾の「浅尾大根」を使ったもので、乾燥が早く進むよう縦に四つ割りし、天日干しで約二カ月間乾燥させて完成します。料理では、水や湯で戻し、漬物や煮物として利用します。

150131-3
割干し大根を使ったオリジナルレシピも続々増えています。

画像-026
今後は北杜市の特産品として広く内外に向けて販路を開拓していく予定です。